光で動くメカマンモス

 
光で動くメカマンモス

光で動くメカマンモス

■光で動くメカマンモス

@タミヤのメカマンモスは、首を振りながら歩くキットです。このキットを、通常は静止、光を当てると、一定時間発光ダイオードを発光させながら歩く、メカマンモスへ改造します。

A時間制御はタイマICで有名な555タイマIC(以下555)を、光センサーは定番のCDSセルを、モータ制御にはリレーを使います。

Bメカマンモスの制御にマイコンICは使いませんので、プログラミングする必要がなく、回路の理解が簡単です。

C歩く時間の設定は、半固定ボリュームを回転させるアナログ調整です。

D工作は、メカマンモスに、穴をあけたり切ったりする機械加工は行なわず、回路作りと配線だけなので、簡単です。

E光りと時間制御の教材として、最適です。

難易度3

¥4,120(税込)

DEN-D-008

お買い求めはこちらです。

 
電子工作マガジン
電子工作マガジンに執筆しました!


電子工作マガジン 2013年 春号 (電波新聞社)の、
「光で動くメカマンモスの制作」P28〜P39の記事は、本キットです。
書籍と合わせて、ご覧下さいね。

アマゾンからのご購入はこちらです。

光を当てる動き出します。動く時間は、半固定ボリュームで調節します。

電源は、動力部は単3乾電池1本 1.5V。制御回路は単4乾電池3本 4.5Vです。
電池はキットに付属していないので、別途お買い求め下さい。

電子回路は、ユニバーサル基板です。

光で動くメカマンモス
光と時間を制御します。
 

【メカマンモスについて】

タミヤのメカマンモスは、スイッチを入れると、首を前後に振りながら、前進するキットです。

歩くしくみは、リンクロッドとクランクアームを使った、4節リンク機構を使っています。

首の前後は、リンクロッドの直線運動を利用しています。

4つ足歩行ではオーソドックな歩き方なので、作った事がない人は、ぜひチャレンジしてみて下さい。
 

 

タミヤのメカマンモス4節リンクの足

4節リンクの足
 
 

【電子回路について】


電子キットでは発売されている、「555タイマー(単安定マルチバイブレーターDEN-L-015)」に、光りセンサーとリレーを取り付けた電子回路が、メカマンモスの中核です。

555タイマIC以外には、メカマンモスには、モーターがついているので、ノイズが多く、そのノイズ対策のために、コンデンサなどの、外付け部品を多くとりつけています。

 
     
メカマンモスに載せるので、
コンパクト化を図っています。
 
スペーサーはこのようにして
使います。
     
電池ボックスは、
お腹にセロテープで固定します。
背中に基板をおきます。
固定しなくても、しっかりのっています。



【光りセンサについて】

鼻の部分に、CDSセルである光りセンサーをとりつけます。

このセンサーの取り付け位置が曲者で、上手く取り付けないと、上手く光りに反応して動いてくれません。

ロボットコンテストでもそうですが、このセンサの調節が1つの大きなハードルになっていて、会場と研究室では全く光りの質が違うので、この調整で泣くことが多々あります。

センサーと言うと、完璧に動くようなイメージがありますが、理論どおりに上手く動かないことがほとんどです。

このメカマンモスも、センサ調整に時間がかかると思います。

ぜひ、センサの調整の難しさを体験してみてください。

この黒い紙で光りの量を調節します。
鼻に取り付ける位置も、とても重要です。



【動かし方】

鼻の部分の光りセンサーに、光りを照射します。

すると、一定時間歩いて、止まります。

歩く時間は、半固定ボリュームで調整します。

鼻の部分に光りを照射します。
歩く時間を調節する半固定ボリューム。
水色の部品です。



【あそび方】

時間と光の感覚を養えるように、次のゲームを考案しました。

@コマ取りゲーム(時間で誘導)



紙に草原を書いたゲーム板を用意し、その上に、お肉・草・岩を書いたコマをおきます。

タイマの時間を変え、メカマンモスが歩く距離をセッティングします。

ゲーム板を歩かせ、止まった場所のコマが取れ、得点を競います。

例えば、お肉は10点、草は5点、池の上で止まると−10点などです。

タイマの時間調整がゲーム勝因のポイントです。


Aリレーゲーム(光で誘導)

光源を使わず、室内の光だけでメカマンモスを動かします。

コースの途中に、影の部分(トンネルなど)を作り、影の部分で止まったら、懐中電灯で誘導します。

懐中電灯は3回まで使ってよいなど、制約をもうけると面白いです。

少しの光でも反応し、タイマ回路を長くする事が勝因のポイントです。


【オマケ】

お腹の単4乾電池ボックスは、セロテープで取り付けていますが、もっとスマートに取り付けたい場合は、金具の利用があります。

お腹の波の部分に、直径3mmの穴をあけて、ボルトで固定します。


お腹に金具をつけたメカマンモス

タミヤのユニバーサル金具を
使っています。
このようにしてボディーに3mm
の穴を空けてボルトで固定します。



【YouTubeの動画】

YouTubeの動画(22秒)

 

 

 
 

 
Contents are copyright (c) 2009 MASAKATSU BABA All rights reserved.
This site is best viewed with Internet Exploerer 4.0, Netscape Navigator 4.0 or later
ホームページに関するご意見・ご要望はこちらまで .
 


  1. 無料アクセス解析