光るロープウェイ

 
光るロープウェイ

光るロープウェイ

■光るロープウェイ

@タミヤのロープウェイ工作セットは、たこ糸の端にくるとギヤの方向が逆に切り替わり、永遠に往復運動を繰り返します。

このキットに、発光ダイオードのライトを取り付け、光るように改造します。

A発光ダイオードは、ペーパークラフトで作った車体に直接配線するので、とても簡単に作ることが出来ます。

また、車体と動力部の回路は別々のため、いくつも車体を作り、車体を入れ替えることも可能です。

B車体のデザイン、発光ダイオードの色を変更するなど、オリジナル溢れるロープウェイを作ってみて下さい。

難易度3

¥2,800(税込)

DEN-D-007

お買い求めはこちらです。
 

電子工作マガジン


月刊I/Oに
執筆しました

工学社 2017年 9月号の、
「光るロープウェイ 後編」P84〜P86の記事は、本キットです。
書籍と合わせて、ご覧下さいね。

アマゾンからのご購入はこちらです。


電子工作マガジン


月刊I/Oに
執筆しました

工学社 2017年 8月号の、
「光るロープウェイ 前編」P73〜P75の記事は、本キットです。
書籍と合わせて、ご覧下さいね。

アマゾンからのご購入はこちらです。


部品は、次のとおりです。
@タミヤロープウェイ本体。
A発光ダイオードは、赤4個、黄4個の合計8個。
B抵抗 2本。
C配線材。
D電池スナップ。

電源は、ロープウェイが単3乾電池1本 1.5V。発光ダイオードは角型の乾電池1個 9Vです。
電池はキットに付属していないので、別途お買い求め下さい。

電子回路は、基板を使わない空中配線です。
見本の写真は、塗装してあります。キットは、塗装していないため、ご自身で色を塗って下さい。

光るロープウェイ
片面は赤色のライト、もう片側は黄色のライトです。
 
光るロープウェイ
車体のカバーに、発光ダイオードを接続する、
簡単改造です。


【ロープウェイ工作セットについて】

タミヤのロープウェイは、実際にタコ糸の上を走るロープウェイです。

このロープウェイは非常に良く出来ていて、タコ糸の端に来ると、自動的にギヤが切り替わり逆に走行する、往復機能がついています。

このキットの動力部分には手を加えないで、車体に手を加えます。

 
     

タコ糸の上を走ります。

自動往復機能付きです。
 
 

【車体について】

車体は、底箱の紙製です。

底箱を色を塗り、切り取ります。

その後、発光ダイオードを取り付け、完成させます。

色塗りに、センスをとわれますね。

 
底箱が車体です。
     
色を塗ります。
 
配線します。
     
内部はこのような感じです。
組み立てると、こうなります。



【車体のバリエーション(以下の作品は、キットには入っていません。)

家にあった材料で、車体をいくつか作ってみました。

ご自宅である材料を使い、ぜひ車体のバリエーションを作ってみて下さい。


@プラモデルの利用


家にあったプラモデルの流用パーツと、プラ板を使い、車体を作ってみました。

パッと見た感じだと、原型が分からないですが、良くみると中央部分がロープウェイと言うことがわかります。

このような形をしていますが、ちゃんと動いて光りますよ!



メガ粒子砲は発光ダイオードで再現。
動力パイプの中は配線コード。
赤黒のコードが見えますか?
燃料タンクには、乾電池。
動力部はそのまま利用。

この機体の設定は、『攻撃型ロープウェイ』。

谷間の渓谷に、大量に物質を運ぶ際、ヘリコプターでは重いものや運ぶ量が限られます。

陸路のトラックでは遠回りする必要があります。

そのような場合、1本のロープをかけ、ロープウェイで運べば、とても効率的に運べます。

でもロープウェイは攻撃されやすいので、その援護として、ロープウェイにメガ粒子砲を装備させています。



ロープウェイについている部品は飾りでなく、燃料タンクは乾電池、動力パイプは配線、

カタパルトの突起は車体がカバーが外れないようにするためにあると、ちゃんと理にかなっているので、

見ていて違和感がないですね。


Aプラ板の利用

車体にプラ板を使い、内部が透けて見えるようにし、クール仕上げにしました。

発光ダイオードの配線は、動力部の底に配線しています。

底に配線しています。
プラ板で作っています。



Bセロハンの利用

窓をくりぬき、セロハンを貼り、発光ダイオードを取り付けました。

これだけでも、グンとイメージが変わります。

セロハンをはります。
暗くするとこんな感じです。


Cビーズや包装紙の利用

車体にビーズや、包装紙を貼っても、車体のイメージが変わります。

夏休みの工作に良いですね。

ビーズと包装紙をはりました。
クレヨンも素敵です。



D箱庭制作

夏休みの工作を意識して、箱庭を作ってみました。

トーマスのミニカーなどをのせると、とても良い雰囲気になります。

ロープウェイの往復機能のお陰げで、可愛く動いてくれます。

 

 
 

 
Contents are copyright (c) 2009 MASAKATSU BABA All rights reserved.
This site is best viewed with Internet Exploerer 4.0, Netscape Navigator 4.0 or later
ホームページに関するご意見・ご要望はこちらまで .
 


  1. 無料アクセス解析