周波数分周器
 
 
周波数分周器

周波数分周器

■周波数分周器

@周波数を数分の1に落とすことを分周と言い、分周するI Cの事を、分周器(プリスケーラ)と言います。

A通常、電子回路で作った周波数は早いので、人が使えるよう遅くします。

B遅くなれば、時計や間欠タイマーなど、時間制御に利用出来ます。

C本キットの分周器TC4521BPは、早い周波数をボリュームRTとコンデンサCTで作り、分周した信号を2進数で出力します。

D出力にLEDを取り付ける事で、目で分周の様子が確認出来るようにしました。

E分周器を始めて学ぶのに、最適なキットです。



¥2,450(税込)

DEN-L-127
【電子キット製】

回路図を見ながら、ユニバーサル基板に、ハンダ付けします。

電源は、アルカリ乾電池 4.5V(単三1.5Vが3本)です。

プッシュスイッチを押すとリセットされ、離すと動作します。
アクティブローです。

ボリュームを回転させると、点灯速度が変わります。

発振回路は、CR発振を使っています。

出力は2進数出力です。
LEDを出力に取り付けているので、2進数出力が目で確認できます。

 
周波数分周器
分周された出力に、LEDを取り付けたので、目で確認できます。

周波数分周器
ボリュームで点灯速度を調節出来ます。

   

【本キットについて】

高い周波数を、1/n倍に低くする、周波数分周器です。

時計やタイマーなど、時間を制御する際、種となる基本周波数が必要です。

基本周波数のままでは、とても早く使い物になりません。

そこで分周器で1/n倍に落としてから、使います。

思い通り分周させるには、データーシートを見ながら、抵抗値やコンデンサの容量を決めますが、これが結構難しいです。

マニュアルには、思い通りに時間を制御出来るように、計算式もしっかり記載しました。

周波数分周器 TC4521BPです。

分周された信号は、7つの端子から出力されます。

     
 

ボリュームで、分周の倍率を、変える事が出来ます。

 
プッシュスイッチを押すとリセットされ、
最初からカウントされます。
     
 

抵抗(ボリューム)とコンデンサを使った
CR発振回路です。

 
電源は5Vが良いのですが、
レギュレターを使うと
部品点数が増えるので、4.5Vで
動作させています。
 


【動画(1分2秒)

電源を入れるとLEDが、2進数出力で点灯します。

リセットスイッチを押すと、最初から分周しだします。

ボリュームを調節する事により、分周の倍率を変えることができ、結果的にLEDの点灯速度が変わります。



 
 

 
Contents are copyright (c) 2009 MASAKATSU BABA All rights reserved.
This site is best viewed with Internet Exploerer 4.0, Netscape Navigator 4.0 or later
ホームページに関するご意見・ご要望はこちらまで .
 


  1. 無料アクセス解析